CPラボ

サーバーなど通信機器周りの課題を解決!サーバーラックの性能や用途に合わせた特殊なラックなど

s_rack-type

現在IT業界では用途や使い勝手に合わせていろいろな種類のサーバーラックやその他筐体が利用されています。ここでは標準的なサーバーラック・19インチラックも含め、ある機能や用途に特化したさまざまなラック・その他収容架についてもご紹介します。

サーバー周りの問題を解決!
用途に合わせて選ぶさまざまなサーバーラック・その他筐体

サーバーなどの通信機器周りの問題点

サーバーやネットワーク機器などの通信機器は、精密かつ高性能であるが故に、様々な課題を抱えています。

  •  ・熱に弱い
  •  ・振動、衝撃に弱い
  •  ・セキュリティ面への配慮が必要
  •  ・ケーブルの取り扱いが煩雑になりやすい
  •  ・音が気になる
  •  ・水や埃に弱い

上記以外にも、機器を収納する際に以下のご相談を頂くことがあります。

  •  ・機器を設置するスペースが限られている
  •  ・見た目が同じなので、見栄えをよくしたい
  •  ・タブレットやスマートフォン、VR/ARなどの小型機器を収納したい

様々な課題を解決するためにこれらの機器は、サーバーラック(19インチラック)やその他の専用の筐体で管理することが一般的になっており、用途・使い勝手に合わせて、さまざまなラックが存在します。

こちらの記事では、課題や設置環境に合わせたラック・BOXなどをご紹介します。

用途・使い勝手に合わせて、さまざまなラックが存在

サーバーラックや収容架と呼ばれる通信機器用の筐体には、サーバーや機器を収納することをメインにした標準的なものから、機能や用途に特化した特殊なものまでラックの種類が存在します。

例えば、熱を効率良く排出できるよう設計されたラック・耐震性能を強化したラック・軽量、コンパクトサイズ、省スペースのラック・配線・ケーブリングのしやすいラック・音がもれにくいよう静音性に特化したラック・防水、防塵に特化したラック・細かくセキュリティ力を分けられるラックなど…

ここでは、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

スタンダードな19インチラックをお求めの方はこちら
 サーバーラック(スタンダードタイプ)

サーバーラック(19インチラック)種類いろいろ

熱対策に特化したラック/筐体

熱対策に特化したラック・キャビネットが各メーカーより販売されています。
例えばクーラーラック、クーリングラック、クールシェルター、サーバー収納タイプ、熱対策ラックなど様々です。
サーバーラック(19インチラック)内部に熱をためこまないよう、排熱に工夫を凝らしたラックです。

機器は熱を発しますが、ラックのように閉じられた空間では、熱が外部へ自動的に流れ出ることは困難です。
 ・放熱用のファンを取り付けて強制的に熱を外に排出する
 ・冷たい空気と温かい空気を分け、空気の流れを作り、排気を促す
 ・強力な冷房機器を設置する
など、様々な対策がとられています。

弊社おいて熱対策に特化したサーバーラック(19インチラック)はフィン扉ラックです。

フィン扉ラック

●特徴
理想的なエアフローを実現し、かつ排気性能を落とさないようなフィン状のルーバーを実装した特殊な扉のサーバーラック(19インチラック)です。
背面の扉には弊社が開発したフィン状のルーバーが実装されており、電力を使わずに自然と風向きが上方向になるよう設計されています。
性能実証試験も行っており、お客さまからはご好評をいただいています。

フィン扉ラックをお求めの方はこちら
 フィン扉ラック(熱対策のラック)

そのほかオプションを用いた冷却方法もご提案があります
 > ヒートシャッター
 > 小型機器用排熱BOX
 > エアダクト(エアフロー方向変換)
 > ケーブルガイド付きバッフル

振動対策に特化したラック/筐体

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震などが発生したことで意識が深まり、地震による影響を受けないようなサーバーラック、19インチラックの製作のご依頼をよく頂きます。
こちらも様々なメーカーが耐震用のラックを販売していらっしゃいます。

高荷重耐震ラック・高耐震ラック・サーバー収納耐震タイプ・制震ラック・耐震サーバーラック・耐震タイプ・免震ラック…など、呼び方は各社様々です。
通常のラックよりも揺れや衝撃に強く設計されており、耐震・制震・免震と、構造や仕組み、メーカーによって多様です。
地震に強いラックを検討する際には、耐荷重だけでなく、どのような耐震試験を受けているラック/筐体かを参考にすることで、お客様の要求仕様に合ったラックを選択できるのではないかと思います。

弊社における耐震用のラックはサーバーラック 耐震タイプです。

タイトル入れる

●特徴
19インチラックの必須条件である耐震性能、冷却性能、耐荷重性能、対セキュリティ性能を持ち合わせながら、特に耐震性能を強化したモデルです。
NTTドコモ規格R08、R10、R12(最大1200gal)や兵庫県南部地震神戸波増幅1000galでの試験実績があり最大耐震荷重800kgのサーバーラックとなります。

サーバーラック 耐震タイプをお求めの方はこちら
 サーバーラック 耐震タイプ(振動対策のラック)

その他、オプションによる耐震の補助・補強なども場合によっては活用が可能です。

分割タイプのラック/筐体

分割式・分割ラック・ハウジング専用ラック・ハウジングラック・ハウジングタイプ・ハウジング用分割・分割・分割ラック・コロケーション・コロケーションラック…など、様々な名称で各社様を販売していらっしゃる、”分割”されているラック/筐体のご紹介です。
データセンター(DC)やネットワークセンターにおいてコロケーション、ハウジング、ホスティングサービスと呼ばれるサービスが存在します。
こちらはサーバーや通信機器、ラックなどのファシリティを外部に管理を委託するサービスのことです。
ラックに設置する機器を1つのサーバーラック(19インチラック)に搭載するのではなく、1本のラックを分割し、1つひとつの部屋のようにしたラックのことを先述したように呼ぶことが多くあります。

弊社であれば、ハウジングラック(分割・コロケーション)がこちらの分割タイプのラックとなります。

タイトル入れる

●特徴
搭載した機器の1つひとつが部屋となり、鍵をかけられる仕組みとなっており、そのほかにも電源ケーブルや通信ケーブルも個別に保護しているので、配線トラブルも未然に防止しております。
また、2分割・3分割・4分割・8分割・9分割・16分割などの様々な分割数でのお作りも可能ですので、ご希望の分割数があればぜひご相談ください。

分割タイプのラックをお求めの方はこちら
 ハウジングラック(分割・コロケーション)

整線に特化したラック/筐体/オプション

■光通信関連製品
現在、電気通信事業者では、通信回線に光ケーブルを用いています。
光ケーブルは高速でノイズが少ないという利点がある一方、繊細で折り曲げに弱いため、取り回しや固定に工夫が必要です。。

弊社製品で光ケーブルに対応できるラックは FDF(光ケーブル配分架・光終端盤)です。

FDF(光ケーブル配分架・光終端盤)

●特徴
FDFはFiber Distributing Frameの略で、光ケーブル(光ファイバーケーブル)を配分する架のことです。
安全に配線するための工夫とがされているだけでなく、耐震規格をクリアしているため、安心してお使いいただける光製品用のラックです。

製品ページに耐震試験動画も掲載しておりますので、よろしけばご確認ください。

整線に特化したラック/筐体をお求めの方はこちら
 FDF(光ケーブル配分架・光終端盤)

■サーバーラック(19インチラック)オプション
光ケーブルに限らず、機器を搭載する際のケーブリングにお困りの方へ 様々な整線オプションをご紹介します。
ケーブルサポート、ケーブルガイド、ケーブルハルタと呼ばれるものを各メーカー様が販売していらっしゃいます。
弊社のケーブルサポート・ケーブルガイドは様々な形状・サイズのご用意がありますので、ケーブル配線にお困りの際はぜひご相談ください。

ケーブルサポート・ケーブルガイド

また、ラック内部に取り付ける整線トレイを用いれば煩雑になりがちなケーブルを見やすくきれいに整理することも可能です。
取り付けをお考えの際は、サイズやケーブリングの方法など お気軽にお問い合わせください。

ケーブル整線トレイ

その他にも19インチラック・サーバーラックの架上フレームに設置するケーブル整線・固定用トレイケーブルフォール(架上ケーブル整線トレイ)を用いることでラック内のケーブルの自然な取り回しが可能です。

また、サーバーラック(19インチラック)の側面吸気・側面排気仕様のネットワーク機器を搭載する”オープンラック”のコールドアイルとホットアイルを分離するバッフルケーブルガイド付きバッフルは、コールドアイル側の吸気口をケーブルが塞いでしまわないよう、ケーブルガイドが付いた仕様となっています。

ご希望のサイズや設置環境のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

ラックオプションをお求めの方はこちら
 > ラックオプション
 > ケーブルフォール(架上ケーブル整線トレイ)
 > ケーブルガイド付きバッフル

耐環境ラック/筐体(防塵・防水・防音性能)

■防塵・防水性能
屋外に設置するなど、機器にとってあまり条件が良いとは言えない設置場所において求められる、防塵や防水に特化したラックです。防塵・防水にはIP規格といったものがあります。これはサーバーラック(19インチラック)のみの規格ではなく、世の中の様々な製品にも当てはまる規格です。
屋外ラック、屋外用ラック、防水タイプ、防水ラック、水密構造、水切構造、防塵タイプ、防塵ラック、簡易防塵など様々な名称で各社様が販売していらっしゃいます。

防塵性能を備えたラック/BOXであれば、小型機器収納BOXが簡易防塵仕様のBOXとなっています。

小型機器収納BOX(簡易防塵)

防塵性能を備えたラック/BOXをお求めの方はこちら
 小型機器収納BOX(簡易防塵)

防水性能のラックやBOXであれば、簡易防水・水密構造の製品をご提案します。
防水のレベル・設置環境によって製品が異なりますので、防水性能をご希望の際はご相談ください。

■防音・静音
サーバー内に搭載されている排熱用のファンは大きな音を発します。オフィスや研究室の一角にラックを置く際には、業務や会話に支障をきたすこともあるのでこの音を抑えるために、サイレントラック、静音ラック、低騒音ラック、防音ラックなど 音を抑えるラックが各メーカー様より販売されています。
弊社でも吸音材活用したラックの製作事例があります。

軽量、コンパクトサイズのラック/筐体

「サーバーをラックに収めたいが、19インチラックを置くスペースがなく、機器をそのままにしている…」「高さが高くなく、デスクの下に収まるようなラックが欲しい」といったお声にお応えするのは軽量・コンパクトなサイズのラック・BOXと呼ばれるものです。
各メーカー様より、ウォールラック・壁掛対応ラック・キューブラック・小型ラック・コンパクトラック・スリムラック・デスクキャビネット・ハーフラック・ミニキャビ・ローラック…など、様々な名称で製品のご紹介があります。

●特徴
一般的な背の高いラックではなく、横幅19インチはそのままで背丈が低いラック、縦型にサーバーを取り付けることを想定した薄型のスリムなラックが存在します。
オフィスやSOHOに設置したいといった要望に合うサイズのものが多く紹介されています。
センターピアの製品であれば、コンパクトラックが対象となります。

コンパクトラック

その他にも1U薄型収納BOX(HUB収納)小型機器収納BOXなど、ご要望に合ったサイズのラックの製作も可能です。

軽量、コンパクトサイズのラック/筐体をお求めの方はこちら
 > コンパクトラック
 > 1U薄型収納BOX(HUB収納)
 > 小型機器収納BOX

デザイン性のあるラック・筐体(ショールームなどに)

「ショールームや展示会において、機器をサーバーラック(19インチラック)に搭載して紹介したいので、イメージアップのためコーポレートカラーのラックの製作をお願いしたい」
「映画のセットにサーバーラックが欲しいが、見栄えの良いラックはないか」
と言ったお問い合わせを頂くことがあります。
企業カラーやLEDを取り入れてショールームや展示会において人目を惹くラックを製作した事例もありますので、お気軽にご相談ください。

▼コンセプトラック

セミオーダーラック・コンセプトラック・デザインラック

▼カラーマウントラック(オレンジ/ブルー)

カラーマウントラック(オレンジ/ブルー)

▼カラーラック、ロゴ入りラック例

カラーラック(レッド/オレンジ)

タブレットやスマートフォンなどの小型IT端末を収納する

昨今のICTの普及に伴い、オフィスや学校、病院、飲食店・不動産などあらゆる業界でタブレットやスマホ・ノートPCなどのモバイル端末が活用されています。
近年では、VR(ヴァーチャルリアリティ)技術も発展し、スマホをそのまま差し込めるヘッドセットなども発売されており、さまざまな業界やサービスでの活用が期待されています。

これらの端末や機器を個人管理ではなくまとめて管理する場合、盗難やバッテリー切れを起こさないような工夫が必要となります。以上をまとめて解決するのが「充電保管庫」です。

タブレット充電収納保管庫、タブレットPC充電保管庫、タブレット収納保管庫、充電保管庫、タブレット収納保管キャビネット、ノートPC充電保管庫、iPad保管庫、スマートフォン充電保管庫など様々な名称で各社様が販売していらっしゃいます。
弊社の製品であれば、モバイルラック(充電保管庫)です。

【MOBILE RACK】充電保管庫

●特徴
弊社のモバイルラックは収納対象によって棚の種類や取付位置を選ぶことが可能です。
その他にもセキュリティレベルに合わせた鍵のご提案も承ります。
現在ご紹介できる鍵の種類はICカード、パスワード認証、一般錠タイプです。
管理ソフトによる開閉履歴・ユーザー情報の管理も行うことが可能です。
また端末や電源設備に応じた最適な充電方法をご提案します。
USB式・ACアダブタ式などの複数の充電方式やON/OFFウィークリータイマーなども組み合わせることが可能なので、ぜひご相談ください。

>VR スマートフォン・ヘッドセット収納事例
 ・【拡がるVR市場】 ヘッドセットやスマホの最適な充電・収納・保管方法は?
 ・富士急ハイランド様 -VRアトラクション- 【モバイルラック導入事例ご紹介】
>タブレット収納事例
 ・学校法人高水学園様 株式会社インフィニティ様 【モバイルラック導入事例ご紹介②】

タブレットやスマートフォン、VR機器収納に特化したラック/筐体をお求めの方はこちら
 モバイルラック

設置環境や使い勝手に合った製品を導入することで、環境改善や企業PRに繋がります。
もしお力になれることがあればぜひご相談ください!

相談する

contact

どんなことでもご相談ください

0120-919-782

recruit

わたしたちと一緒に働きませんか!