CPラボ

-ダンボール製ヘッドマウントディスプレイ ワイヤレス充電庫- 【モバイルラック導入事例ご紹介③】

WEB搭載イメージ⑤

センターピアのパーツが選べる充電保管庫「モバイルラック」の導入事例のご紹介です。 A社様のイベントのVR体験コーナーでご利用いただいています。

ユーザー様のご紹介

A社様

今回当社のモバイルラックをご導入いただいたのは、見学者様向けのイベントでVRを使用して企業体験を行っているA社様です。

モバイルラックご導入の背景

スマートフォンの充電

近年、VRはダンボール製の箱の中にスマートフォンを差し込み、スマートフォンの画面を専用のレンズで覗き込むタイプが発売されています。

ダンボールとスマートフォンを組み合わせることによって手軽で簡単に臨場感溢れるVR体験をすることができます。

今回、A社様ではダンボール製ヘッドマウントディスプレイにスマートフォンを差し込みながら、複数台のスマートフォンをどのように充電しイベント体験を運用するかが課題でした。
イベント中にスマートフォンのバッテリーが切れてしまっては体験イベントがストップしてしまいます。

ワイヤレス充電ができる保管庫

今回は、スマートフォン25台をダンボール製ヘッドマウントディスプレイに差し込みながら充電保管できることが必要でした。センターピアのモバイルラックでは、最適なパーツを組み合わせることでそれらにも対応が可能でした。

センターピアのタブレット充電保管庫「モバイルラック」は、ご利用の端末の種類や収納台数、充電方式に合わせてパーツやオプションをお選びいただくことができます。

パーツが選べる充電保管庫モバイルラック

センターピアのご提供内容

ヘッドマウントディスプレイ35台 ワイヤレス充電   タブレットPC5台充電収納可能




今回お選びいただいたパーツは、

  • ・モバイルラック本体(標準モデル)
  • ・ヘッドマウントディスプレイ収納スライド棚
  • ・運搬用ハンドル・取手

充電方式がUSBタイプではなく、すべてのスマートフォンをワイヤレス充電する必要があったため、ケーブルの配線まで一括でサポートもさせていただきました。
棚にスライド機能を搭載し収納がしやすい仕様にしました。また、スライド棚の一部にアクリルを使用したことにより、スマートフォンをダンボール製ヘッドマウントディスプレイに差し込んだままでも充電ランプの点灯が確認できる仕様にしました。

パーツやオプションを自由に組み合わせ。
オリジナルの充電保管庫でモバイル端末をまとめて収納。

タブレット,スマホ,VR/A/MR/HMD 充電保管庫
昨今のICTの普及に伴い、オフィスや学校、病院、飲食店・不動産などあらゆる業界でタブレットやスマホ・ノートPCなどのモバイル端末が活用されています。

これらの端末や機器を個人管理ではなくまとめて管理する場合、紛失や破損、バッテリー切れを起こさないような工夫が必要となります。これらをまとめて解決するのが「充電保管庫」です。

センターピアのMOBILE RACK(モバイルラック)は、現場によって利用する端末の種類や収納台数、充電方式などが異なる場合でも、ユニット式であればそれらに応じてパーツを組み合わせることができるので、パーツの組み合わせ次第では、40台・50台以上の端末や機器の収納も可能。ご利用環境ごとに異なる仕様に柔軟に対応できます。


>>> 【MOBILE RACK】パーツが選べる タブレット・スマホ充電保管庫 製品ページへ

関連記事

▼よければ以下のページもどうぞ。

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(端末サイズ編)

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(充電編)

・【拡がるVR市場】 ヘッドセットやスマホの最適な充電・収納・保管方法は?

・学校法人高水学園様 株式会社インフィニティ様 【モバイルラック導入事例ご紹介②】

相談する

販売代理店・協業バートナーご希望の方はこちら

CPラボ トップへ戻る

contact

どんなことでもご相談ください

0120-919-782

recruit

わたしたちと一緒に働きませんか!