CPラボ

【拡がるVR市場】 ヘッドセットやスマホの最適な充電・収納・保管方法は?

s_vr_rack

近年、急速に広がりを見せるVR市場。VRを利用するためにはヘッドセットやスマホ・ヘッドホンなどさまざまな機器を用います。これらの収納・充電にはセンターピアのモバイル端末用充電保管庫「モバイルラック」が便利です。

拡がるVR市場 サービスとしての応用

VRとは?

VRとは、Virtual Reality(ヴァーチャルリアリティ・仮想現実・人工現実感)の略で、その場にないものを五感に働きかけることで、まるで現実であるかのように感じさせる技術の総称です。

言葉としては古くからありましたが、今年に入って続々VR専用デバイスが発売され始めました。最近では、PlayStation VRが発売されたことも話題ですね。

VRの歴史が一目で分かるインフォグラフィック(外部サイト)

2016年のVR市場

2016年はVR元年と言われており、消費者向けのゲーム市場だけでなく、不動産・アミューズメント・観光などあらゆる業界でサービスとしての応用が次々と考えられています。

例えば、不動産業界であればVRを用いた賃貸物件の内見サービス、アミューズメントであれば遊園地やテーマパークでのVRを用いたアトラクションなどが話題です。たしかに、VRで内見ができればわざわざ鍵を借りにいったり移動したりする時間が短縮できるので利用者にとってもお店側にとってもメリットはありそうですね。

VR体験に必要な機材は?

VRヘッドセット

VRを体験するには、視覚・聴覚などに働きかける専用のデバイスが必要です。具体的には、画像のようなヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ、HMD)やヘッドホン・イヤホンなどです。最近では、ヘッドセットとヘッドホンの一体型のものも発売されています。

また、近年では画像のように、ヘッドセットにスマホを挿し込み、スマホの画面を専用のレンズで覗き込むタイプが主流になりつつあります。つまり、

  • ■ VRヘッドセット
  • ■ ヘッドホン(またはイヤホン)
  • ■ スマホ
  • ■ 専用のコンテンツ・アプリケーション

さえあれば簡単にVRの世界を体験できるということです。

【主要20機種】VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)。HTC Vive Pre、Oculus Rift VR 、PlayStation VRなど。(外部サイト)

スマホやVRヘッドセットの収納・保管・充電なら
パーツの選べる充電キャビネット「モバイルラック」

VR・スマホの収納・充電ならモバイルラック

紛失・破損・バッテリー切れ対策

上記で述べたように、一般ユーザ向けだけでなく、不動産業界やテーマパークなどさまざまな業界のサービスとしてVR技術が用いられ始めています。

個人でスマホやVRデバイスを管理する場合は良いですが、複数の機材を共同で管理する場合は、紛失や盗難、破損やバッテリー切れを未然に防ぐような対策や工夫が必要になります。

また、店舗や会場などによって広さもさまざまですから、スペースを余分にとらないように効率良く収納したいものです。

パーツの選べる充電キャビネット「モバイルラック」

センターピアの充電キャビネット「モバイルラック」なら、充電をしながらさまざまな機器の収納・保管が可能です。

また、棚の位置や種類が自由に選べるので、店舗や施設によって、ご利用のVRデバイスやスマホの収納台数・サイズが異なる場合でも組み合わせ次第で効率良くVR用デバイスの収納・充電・保管が可能です。

スマホ・VRの充電・収納ならモバイルラック

VRデバイスを用いる場合のパーツの組み合わせ例

例えば次のような組み合わせが可能です。

  • ■ スマホ収納トレイ 1台
  • ■ ケーブル収納トレイ 1台
  • ■ VRヘッドセット収納トレイ 4台

この場合、機器のサイズにもよりますが一般的なサイズのものであれば、スマホ24台、VRヘッドセット12台、ヘッドホン12台などの充電・収納が可能です。

スマホをヘッドセットの数より多めに充電しておくことでバッテリー切れを起こしてもすぐに交換ができ、継続的なサービス提供が可能になります。

VRヘッドセットやスマホの収納例

充電方法や鍵の種類なども選べます。気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・見積り依頼

1台ロットから大量ロットまで対応可能。ぜひご相談ください!

パーツやオプションを自由に組み合わせ。
オリジナルの充電保管庫でモバイル端末をまとめて収納。

タブレット,スマホ,VR/A/MR/HMD 充電保管庫

昨今のICTの普及に伴い、オフィスや学校、病院、飲食店・不動産などあらゆる業界でタブレットやスマホ・ノートPCなどのモバイル端末が活用されています。

これらの端末や機器を個人管理ではなくまとめて管理する場合、紛失や破損、バッテリー切れを起こさないような工夫が必要となります。これらをまとめて解決するのが「充電保管庫」です。

センターピアのMOBILE RACK(モバイルラック)は、現場によって利用する端末の種類や収納台数、充電方式などが異なる場合でも、ユニット式であればそれらに応じてパーツを組み合わせることができるので、パーツの組み合わせ次第では、40台・50台以上の端末や機器の収納も可能。ご利用環境ごとに異なる仕様に柔軟に対応できます。


>>> 【MOBILE RACK】パーツが選べる タブレット・スマホ充電保管庫 製品ページへ

関連記事

▼よければ以下のページもどうぞ。

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(端末サイズ編)

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(充電編)

・充電保管庫の熱対策【温度センサー付きファンによる温度管理】

・富士急ハイランド様 -VRアトラクション- 【モバイルラック導入事例ご紹介】

相談する

販売代理店・協業バートナーご希望の方はこちら

CPラボ トップへ戻る

contact

どんなことでもご相談ください

0120-919-782

recruit

わたしたちと一緒に働きませんか!