CPラボ

【ニュース記事】JR西日本、在来線全乗務員にタブレット端末配備

s_PP_yamanotesenshibuya_TP_V

タブレット端末に関するニュース記事のレビューです。
今朝のニュースで、タブレット端末と鉄道会社に関するこんな記事がありました。


JR西日本、在来線全乗務員にタブレット端末配備-日本経済新聞
2016/10/13

 ■西日本旅客鉄道(JR西日本) 在来線の全ての乗務員に2017年1月以降、タブレット(多機能携帯端末)約8600台を配備すると12日発表した。動画機能を使って乗務員と本社などとの間で事故の情報交換をしやすくする。翻訳機能や列車の位置情報を表示する機能を使って、増加する訪日外国人向けの案内も充実する。

引用:JR西日本、在来線全乗務員にタブレット端末配備-日本経済新聞(外部サイト)


タブレット端末を使って業務や情報共有の効率化をはかるという内容です。

たしかに観光の方などに対しては口だけで説明するより、目で見える形で説明できる方が正確な情報をよりスムーズに伝えられそうですね。特に鉄道会社の乗務員の方は、駅や電車内を移動することが多そうなのでモバイル端末を用いることでいち早く情報を収集でき、業務の効率化が期待できるのでしょう。事故の状況などができるだけ早くわかれば、我々のような利用客にとってもメリットは大きいですね。

近年は一般向けではなく、仕事に用いるためにタブレットを導入する企業などが増えています。このような事例が出てくることで、ますます業務にタブレット端末を用いる業界は今後も増えていきそうです。

モバイル端末の盗難・充電対策なら
パーツが選べるタブレット充電保管庫

昨今のICTの普及に伴い、オフィスや学校、病院、飲食店・鉄道などあらゆる業界でタブレットやスマホ・ノートPCなどのモバイル端末が活用されています。

これらの端末や機器を個人管理ではなくまとめて管理する場合、盗難やバッテリー切れを起こさないような工夫が必要となります。これらをまとめて解決するのが「充電保管庫」です。

センターピアのMOBILE RACK(モバイルラック)は、従来の充電保管庫と異なり、パーツが選べるユニット式となっています。現場によって利用する端末の種類や収納台数、充電方式などが異なる場合でも、ユニット式であればそれらに応じてパーツを組み合わせることができるので、案件ごとに異なる仕様にも柔軟に対応できます。

>>>パーツが選べる タブレット・スマホ充電保管庫 【MOBILE RACK】製品ページ

タブレット 充電保管庫

関連記事

▼よければ以下のページもどうぞ。

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(端末サイズ編)

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(充電編)

・充電保管庫の熱対策【温度センサー付きファンによる温度管理】

・【拡がるVR市場】 ヘッドセットやスマホの最適な充電・収納・保管方法は?

CPラボ トップへ戻る

contact

どんなことでもご相談ください

0120-919-782

recruit

わたしたちと一緒に働きませんか!