CPラボ

学校法人高水学園様 株式会社インフィニティ様 【モバイルラック導入事例ご紹介②】

s_image_tg

センターピアのパーツが選べる充電保管庫「モバイルラック」の導入事例のご紹介です。山口県岩国市の私立の中高一貫校、高水学園様でご利用いただいています。

ご導入の背景

ユーザー様のご紹介

今回当社のモバイルラックをご導入いただいた高水学園様は、山口県岩国市の私立の中高一貫校 高水高等学校・付属中学校や岩国短期大学を運営する学校法人です。

学校は、全国でも有名な名勝、「錦帯橋」の近くにあります。

錦帯橋

こちらの学園では、大学入試制度改革を見据え、アクティブラーニングやICT機器を取り入れた授業に積極的に取り組んでおられます。特に近年は、株式会社インフィニティ様と協力し、タブレットを用いた授業の本格導入に向け、校内のICT環境の整備を進めておられます。

タブレット教育推進の現状

現在、文部科学省や総務省でも、2020年までに子ども1人1台のタブレットPCを活用した教育を実現できるよう「教育の情報化の推進」「教育分野におけるICTの利活用推進」などの取り組みが進められています。

しかし、2016年現在でもまだまだ教育におけるタブレットの活用事例は少なく、最適なタブレット教育について模索中の学校現場が多いようです。また、公立か私立かによっても課題や現状はそれぞれ異なるようです。

高水学園様と株式会社インフィニティ様はこのようなスタンダードがあいまいな中でも全国に先駆け、ICT教育の本格稼働に動き出しています。

充電保管庫の選定

センターピアのタブレット充電保管庫「モバイルラック」は、ご利用の端末の種類や収納台数、使い勝手に合わせてパーツやオプションを選ぶことができます。

パーツが選べる充電保管庫モバイルラック

今回のご導入では、1台のラックに収納するタブレットの台数が多かったためそれに合わせてパーツが選べること、いろいろな充電方法に柔軟に対応できるところ、熱対策もできるところなどを気に入っていただきご導入が決まりました。

さらに当社の日本橋本社に展示用のラックがあるので、事前にデザインや品質もご確認いただきました。

センターピアのご提供内容

ICT教室でご利用

今回導入させていただいたラックは現在、同校のICT教室でご利用いただいています。

モバイルラックの設置場所

タブレット50台端末を近く収納可能

今回お選びいただいたパーツは、

  • ・モバイルラック本体(標準モデル)
  • ・タブレット収納トレイ(24台用)× 2台
  • ・ケーブル収納トレイ × 2台

の3種類でした。合計で48台タブレット端末が収納できる仕様です(※今回のラックは移動を前提とせず、据え置きにする想定でしたので運搬用の持ち手はつけていませんが、オプションとして取っ手をつけることも可能です)。

タブレット充電保管庫の導入事例

充電はACアダプタを直接コンセントに挿すタイプではなく、すべてUSB充電器に集約させたので背面の配線もすっきりしています。


タブレット充電保管庫の充電

タブレット充電保管庫の充電

その他の他社メーカーのプロジェクタやwifi機器などと色合わせもぴったりなので統一感が出ています。

プロジェクタ

プロジェクタ

wifi

お客様の声

本案件のご担当の方より、下記コメントを頂戴しました。


センターピアさんのモバイルラックは非常に使いやすく重宝しています。
タブレットが最大48台収納もでき、強度もしっかりしています。
オプションで番号シールや冷却ファンも取り付け可能で万が一の対処が出来ますし、
色々な設置場所によるサイズオーダーも相談できるようで、安心しています。


今後の展望

本記事でご紹介させていただいたのはICT教室の事例でしたが、同校とインフィニティ株式会社様はこれに留まらず全教室で同様の設備を整えることを目指しておられます(詳しくは下記サイトへ)。また、現在は中学校だけですが、高校・大学も同様です。

学校法人 高水学園 高水高等学校付属中学校 新着情報
ICT環境の整備について(外部サイト)

当社もこれに習い、より使い勝手の良い製品をご提供できるよう今後も製品の改良も進めて参りたいと思います。

岩国錦帯橋空港

岩国錦帯橋空港

写真は高水学園様近くの空港で撮影したものです(ちょうどクリスマスツリーの点灯式が行われていました)。整備されて数年しか経っていないようでとても綺麗な空港でした。

現在、駅前に商業施設も建設中なようで、今回訪れた学校だけでなく今後の街の発展自体も非常に楽しみな所だと感じました。

パーツやオプションを自由に組み合わせ。
オリジナルの充電保管庫でモバイル端末をまとめて収納。

タブレット,スマホ,VR/A/MR/HMD 充電保管庫

昨今のICTの普及に伴い、オフィスや学校、病院、飲食店・不動産などあらゆる業界でタブレットやスマホ・ノートPCなどのモバイル端末が活用されています。

これらの端末や機器を個人管理ではなくまとめて管理する場合、紛失や破損、バッテリー切れを起こさないような工夫が必要となります。これらをまとめて解決するのが「充電保管庫」です。

センターピアのMOBILE RACK(モバイルラック)は、現場によって利用する端末の種類や収納台数、充電方式などが異なる場合でも、ユニット式であればそれらに応じてパーツを組み合わせることができるので、パーツの組み合わせ次第では、40台・50台以上の端末や機器の収納も可能。ご利用環境ごとに異なる仕様に柔軟に対応できます。


>>> 【MOBILE RACK】パーツが選べる タブレット・スマホ充電保管庫 製品ページへ

関連記事

▼よければ以下のページもどうぞ。

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(端末サイズ編)

・タブレット保管庫を選定する上での注意点(充電編)

・充電保管庫の熱対策【温度センサー付きファンによる温度管理】

・富士急ハイランド様 -VRアトラクション- 【モバイルラック導入事例ご紹介】

相談する

販売代理店・協業バートナーご希望の方はこちら

CPラボ トップへ戻る

contact

どんなことでもご相談ください

0120-919-782

recruit

わたしたちと一緒に働きませんか!